Dennis Filmsについて

2006 禾果Dennis Films設立

Dennisこと張聡富は2006年にDennis Filmsを設立、台湾、上海、香港などで撮影チームを立ち上げました。

30年間にわたる映像・広告制作のプロフェッショナルとしての矜持と美を追求する精神を支えに、国内外の数多くの顧客から信頼を得ています。
Dennis Filmsは映像制作に関する深い理解と豊かな想像力で、チームワークを活かし、高い実力と型破りな発想を求められる広告をオリジナリティあふれる作品に仕上げています。

禾果 Dennis Filmsのプライド︰

ふさわしい人とふさわしい作品づくりを心掛け、何事もとことんやる。
効率的で質の高い撮影技術や撮影器材の研究開発に力を入れています。商品デモンストレーションやRTB(リアルタイムビッディング)広告に関する高度な研究開発にも打ち込み、コア技術を自分たちのものにすることで、いかなるチームにおいても一貫して高水準の作品に仕上げ、お客様からの信頼を獲得し続けています。

コラボレーション

Dennis Films は長年にわたり各国の有力ブランドやエージェントとコラボレーションしてきました。美容、自動車、コンシューマーグッズ、コスメなどを得意分野としています。
中国の顧客との関係も長期にわたり良好で、中国P&G、ロレアル(欧萊雅)、Johnson & Johnson(強生)、箭牌糖果(Wrigley)、中国NIVEAといった企業と何度もコラボレーションしてきました。
HONDAやP&Gとは12年以上の安定した協力関係にあり、国内外の優れたディレクターや制作チームと素晴らしい映像作品を数多く作り上げています

台湾のディレクターと緊密に連携しているほか、欧米、日韓のディレクターとも数多くの実績を上げています。
また、台湾の夢想や香港のCENTRO / DigitDigit 、タイのPost BKK / Oriental 、韓国のSolid VFX Lab/Independent 、オーストラリアのILOURAといった、アジア・オセアニアの第一線のポストプロダクションスタジオとも安定した協力関係にあります。

撮影地は台湾、香港、シンガポール、タイ、韓国、日本、フランス、アメリカなど、世界各地に足跡を刻んでいます。
中国では北京、上海、ウイグル、四川、海南、広西、広州などでの撮影実績があります。

ふさわしい人とふさわしい作品づくり/何事もとことんやる。これが禾果的のプライド

効率的で質の高い撮影技術や撮影器材の研究開発に力を入れています。商品デモンストレーションやRTB(リアルタイムビッディング)広告に関する高度な研究開発にも精力を傾け、コア技術を自分たちのものにすることで、いかなるチームにおいても一貫して高水準の作品に仕上げ、お客様からの信頼を獲得し続けています。

Our Family

張聡富

CEO/総経理

創業者。2006年に禾果製作 Dennis filmsを設立、総経理を担う。広告業界で撮影指導から総監督まで映像制作30年以上の経験を持つ。2002年から中国P&Gと安定的な協力関係を築いている。理念とプライドを守り、理想的な作業モデルを確立し作品の質の高さに定評がある。海外とのコラボレーションで学んだことをさまざまな撮影環境に生かしている。実力が要求される美容の分野の作品づくりや、リソースの国際間手配においても豊富な経験を持つ。近年は、SFX(特殊撮影)など独自の表現による商品撮影のコア技術向上に精力を傾け、研究開発に打ち込む。2016年から日本のシズル専門CMディレクター、細井威良氏との異分野コラボ、2018年から韓国のGood Luckと国際コラボにも取り組んでいる。撮影指導の経験から、さまざまな作風のディレクターとの円滑なコミュニケーションを得意とする。

洪毓霖

副社長

広告映像制作で25年の経験を持つ。ポストプロダクションにおける特殊効果や合成に関する豊かな専門知識を備え、プリプロダクションでは最もふさわしい提言を、ポスプロでは編集のなめらかさや特殊効果の方向性を支える。長期にわたり、HONDA CRVシリーズのポスプロを監督するなど、ポスプロ段階の豊富な経験と優れたコミュニケーション力を活かし、顧客の期待に応えて限られた時間で素晴らしい作品を仕上げる。

頼怡安

副社長

広告映像制作で25年の経験を持ち、豊富な経験を積み重ねる。MAZDAの一連の自動車広告を7年間にわたり手掛け好評を博す。中国で国際的視野を広げ、大型広告の実務経験を積む。長年にわたり世界各国のディレクターとコラボレーション、豊富な経験を積む(中国/香港/台湾/日本/韓国/ニュージーランド/オーストラリア/ドイツ/タイ/ヨーロッパ)。世界中(中国/香港/台湾/シンガポール/日本/ニュージーランド/オーストラリア/タイ/カナダ/タイ)で撮影、中国では北はモンゴルから南は海南島まで、西はウイグルまでと幅広く仕事をこなし、各国でのポストプロダクション経験も豊富(中国/香港/台湾/シンガポール/日本/韓国/オーストラリア/タイ)。2006年に台湾に戻る。禾果製作公司Dennis filmsのチームに加わり、制作部門の副社長を担う。。

呂幼文

副社長

大阪芸術大学卒。広告映像カメラマンを皮切りに、広告映像のプロデューサーに。長年にわたり、日本の電通や博報堂、ADK、東急エージェンシー、読売広告社などとコラボレーション、コーセーや資生堂、ユニクロ、キリンビール、台湾花王、台湾KOSEなど、日系の有名ブランドの作品を制作。日本の顧客との協業で豊富な経験を持つ。エージェントや顧客と良好な信頼関係を築き、よりスムーズで心配りの行き届いた映像制作に取り組み、数多くの素晴らしい作品を毎年生み出している。

邱智揚

エグゼクティブ・プロデューサー

アメリカ・カリフォルニア州立大学フラトン校卒、テレビ・映画の制作を学ぶ。英吉製作(映像制作4年)、新藝寶製作(映像制作2年)、電通ヤング&ルビカム(映像制作マネージャー6年)、非柯製作(プロデューサー6年)で映像制作を歴任。30年の広告制作経験を持つ。2009年に禾果製作公司Dennis filmsのチームに加わり、最もプロデューサーらしいプロデューサーとして、大中国エリア禾果上海支部のディレクターを担う。

楊家驊

エグゼクティブ・プロデューサー

映像制作で24年の経験を持つ。美術出身で映像制作を経てプロデューサーに。一貫して「素晴らしい作品づくりとあるべき姿勢」にこだわり、さまざまな分野で常に学び進歩を続ける。上海、北京、広州、香港、日本、タイ、マレーシア、フランス、スペインなどで豊富な制作経験を積み、海外とのコラボレーションでタフな経験を積む。多くの有力ディレクターとコラボレーションし、作品は次々と国際コンテストで評価されている。2011年に禾果製作公司Dennis filmsのチームに加わり、制作分野での経験を活かし、今後の発展を牽引したいとしている。

劉用智

エグゼクティブ・プロデューサー

ロンドン・メトロポリタン大学修士。大学院卒業のころちょうど時代はアナログからデジタルへの過渡期を迎える。製作でも新たな課題と変化に直面するデジタルメディアの時代、時代の流れに乗るには常に学び続けなければならないと考える。2011年に禾果製作公司Dennis filmsのチームに加わり、新たな考え方やコンセプトをもって禾果により多くの可能性をもたらしたいとしている。

陳時銘

エグゼクティブ・プロデューサー

1997年にテレビ・映画業界に入る。撮影周辺器材を扱ったりエージェントでの制作を経て、制作会社のプロデューサー、マネジャー、エグゼクティブ・プロデューサー、創業者を歴任。テレビ・映画業界で学びつつ成長し、豊富な経験と高いコミュニケーション力を持つ。プロとしての心配りにこだわり、顧客のニーズと会社の目標達成に貢献する。台湾、上海、北京、広州、香港、日本、シンガポール、フィリピン、イタリアなどで多様で豊かな経験をし、作品は次々と国際的な賞に輝くなど高い評価を受ける。2016年に禾果製作公司Dennis filmsのチームに加わり、自身の経験と既存のプラットフォームを活かし、より多くの顧客を開発し、素晴らしい作品を数多く生み出したいと期待している。